FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

予想下回るCPIやドラギ発言でドル売りもドル円は112円付ける=NY為替概況

配信日時
2018年9月14日(金)06:00:00
掲載日時
2018年9月14日(金)06:10:00

 きょうのNY為替市場はドル売り優勢となったものの、ドル円は買いが強まった。朝方発表の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことや、ドラギECB総裁の理事会後の会見を受けてドル売りが強まり、ドル円も一時的に売りに押されていた。

 しかし、米株式市場が上昇し円安の動きがドル円を押し上げている。終盤には112円ちょうどを付けた。きょうはトルコ中銀が予想以上の大幅な利上げを発表し、トルコリラが急上昇していることや、米中貿易問題への期待感も高まっており、リスク選好の動きがドル円を押し上げている。ショート勢も一旦ショートカバーを迫られたようだ。

 米中貿易問題やトルコを始めとした新興国の問題は息の長い話で、期待は一時的なものとの慎重な見方は根強いものの、きょうのところは警戒感も一服といったところのようだ。目先は8月1日高値の112.15円付近が上値レジスタンスとして意識される。

 きょうはユーロの上昇が目立っており、ユーロドルは一時1.17ドルちょうど付近、ユーロ円も130.80円近辺まで上昇した。ECB理事会後のドラギ総裁の会見がユーロ買いの材料だが、総裁はユーロ圏の景気拡大は依然として、世界的なリスクに対応できる十分な強さがあるとの認識を示した。また、貿易問題を乗り切れることに自信も示していた。同時に発表になったスタッフ見通しでは成長見通しを若干下方修正したものの、年内の資産購入終了や保有国債を短期から長期にシフトするオペレーション・ツイストも議論しなかったとしており、これまでのスタンスに変更がないことを強調していた。

 想定範囲内ではあったものの、トルコ中銀の大幅利上げでトルコ・リラが急上昇していた中、ユーロも買い戻しの反応を強めたものと思われる。

 ポンドも買いが強まり、ポンドドルは1.31ドル台、ポンド円は146.75円付近まで上昇。きょうは英中銀金融政策委員会(MPC)が開催され大方の予想通り政策は据え置かれた。ただ、議事要旨では7-9月期の成長見通しを前期比0.5%と前回の0.4%から上方修正している。経済活動が予想以上で賃金の伸びが予想以上に強くなっていると指摘した。一方、英EU離脱協議をリスクとして指摘していた。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ