FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】リスク警戒ムードが先行へ、米中貿易戦争にらんで

配信日時
2018年9月6日(木)15:45:00
掲載日時
2018年9月6日(木)15:55:00

【これからの見通し】リスク警戒ムードが先行へ、米中貿易戦争にらんで

 きょうのアジア株は総じて下落。日経平均も5日続落となった。市場には米国が対中国追加関税2000億ドルを発動することへの警戒感が頭をもたけているようだ。前日急伸したポンド円も含めてドル円や、クロス円は上値を抑えられる相場展開になっている。米国の追加関税発動をにらんで、この後の海外市場でもリスク警戒ムードが先行しそうだ。

 このあとの経済指標の発表予定は比較的多め。米国では、ADP雇用者数(8月)、新規失業保険申請件数(1日までの週)、ISM非製造業景況指数(8月)、製造業新規受注(7月)、耐久財受注・確報値(7月)が、カナダでは、住宅建設許可(7月)が発表される。あすの米雇用統計を控えて、ADP雇用者数の伸びは20万人程度が見込まれている。前回値21.9万件からやや減少する。ISM非製造業景況指数は56.8と予想されており、前回の55.7から上昇する見込み。先日の製造業景況指数とともに強い数字が期待される。

 昨日はポンド相場が急騰した。一部報道で、英国とドイツはEU離脱に関する主な要求を取り下げる、との関係者発言が伝わったことが背景。その後、ドイツ政府は否定したが、報道前よりもポンド高水準を維持している。市場では、アイルランド国境問題を棚上げにしたまま合意されるとの見方もあるようだ。昨年末の暫定合意と同様の図式か。リスク警戒感があるなかで、ポンド買いの動きが試されることになろう。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ