FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

大手仮想通貨取引所CEO、ビットコインとイーサリアムの価格予想【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

配信日時
2018年8月17日(金)20:45:00
掲載日時
2018年8月17日(金)20:55:00

香港拠点の大手仮想通貨取引所ビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が、今後イーサリアム(ETH)の値段は100ドルを下回ることになるとの予想を14日に公開した。イーサリアムの価格は、2017年からイーサリアムのネットワークを利用したICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)への資金流入が急増すると同時に高騰し、2017年1月初頭の8ドルから2017年7月には一時378ドルをつけていた。現在イーサリアムの価格は昨年10月ぶりに300ドルを下回る安値をつけているが、まだ下落が続くことになるというのがヘイズ氏の予想だ。同氏の考えでは、2017年の価格高騰にICOとともに大きく影響を与えたベンチャーキャピタルからの投資が減少することを指摘し、ベンチャーキャピタルからの出資が一斉に止まった場合には、それ以前の価格水準であった2017年5月頃の100ドル前後まで価格が下がることになるのではと見ている。また同氏は、ビットコイン(BTC)については、米証券取引委員会(SEC)がビットコインのETF(上場投資信託)を可決するという見込みが不透明である中、ビットコインの底値はマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)への参加者がどのタイミングで激減するかどうかにかかっていると発言。同氏はビットコインの底値は3000~5000ドルと予想するが、もしもマイニングにかかるコストがマイニングで報酬として得られるビットコインで維持できない価格帯となった場合、参加者は激減すると予想。同氏の見解では、恐らく3000~4000ドルの水準になったところで、マイニングをストップするマイナーが増えるため、もしもマイニングチップ(マイニング作業用のツール)の性能が大きく向上するなどの条件がなければビットコインのネットワークに危機が生まれると予想している。ただし、SECがビットコインETFを可決するという見込みが出た場合、価格は大きく上昇するとの見方は変わっていない。

<SI>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ