FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

欧州債と伴に米10年債利回りも低下 フラット化は止まらず=NY債券概況

配信日時
2018年7月14日(土)05:40:00
掲載日時
2018年7月14日(土)05:50:00

米国債利回り(NY時間16:35)
2年債   2.578(-0.008)
10年債  2.825(-0.020)
30年債  2.932(-0.015)
期待インフレ率  2.121(+0.005)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場、10年債利回りは低下。欧州債が上昇し利回りが低下したことから米国債も追随した。トランプ大統領が訪英しておりメイ首相と会談を行なっている。トランプ大統領は英紙サンに対して、メイ首相の計画は恐らく米英の貿易協定をだめにするなど非難をしていたことがきっかけとなっていた模様。ただ、その後、これらの発言に関してトランプ大統領はメイ首相に謝罪し、EU離脱後の貿易条項締結を約束した。

 なお、FRBが半期に一度の金融政策報告を議会に提出し、漸進的な利上げの必要性に言及したほか、貿易問題の緊迫化のリスクも指摘した。しかし、特に目新しい内容でもなく反応は限定的に留まった。

 10年債利回りは2.82%まで低下し、2年債は2.57%まで低下。

 ただ、2-10年債の利回り格差は25(前日26)まで縮小しており、フラット化の動きは止まらずに更に進んでいる。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ