FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米10年債利回りは横ばい フラット化は進む=NY債券概況

配信日時
2018年7月13日(金)05:44:00
掲載日時
2018年7月13日(金)05:54:00

米国債利回り(NY時間16:44)
2年債   2.586(+0.008)
10年債  2.847(-0.002)
30年債  2.947(-0.006)
期待インフレ率  2.116(-0.006)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場、10年債利回りは横ばい。この日発表の米消費者物価指数(CPI)は前月比は予想を下回ったもののほぼ想定範囲内だった。FRBの年内あと2回の利上げ期待は十分裏付ける内容ではあったものの、利回りは上げ幅を縮小している。ただ、ナスダックが最高値を更新するなど米株が堅調で10年債利回りは横ばいに留まった。

 一方、利上げ期待から2年債利回りは上昇しており、イールドカーブのフラット化は続いている。なお、この日は30年債入札が行なわれ冴えない入札となったが、特に反応はなかった。

 10年債利回りは2.87%まで一時上昇後、2.85%付近で推移。

 2-10年債の利回り格差は26(前日27)まで縮小。

米30年債入札結果
最高落札利回り 2.958%(WI:2.954%)
応札倍率    2.34倍(前回:2.38倍)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ