FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日経平均は4日ぶり大幅反落、通商問題巡る米中の応酬を嫌気[FISCO]

配信日時
2018年7月11日(水)15:42:26
掲載日時
2018年7月11日(水)15:52:26

日経平均は4日ぶり大幅反落。米政権が10日、中国に対する制裁関税の追加措置案を公表したことから、東京市場では通商問題を巡る米中対立の激化を懸念した売りが先行した。日経平均は194円安からスタートすると、朝方には中国株安を警戒した売りが出て一時21744.25円(前日比452.64円安)まで下落した。その後は買い戻しが入り始値近辺まで値を戻す場面もあったが、中国が米追加関税に対抗する姿勢を示したこともあり、引けにかけて再び弱含みとなった。大引けの日経平均は前日比264.68円安の21932.21円となった。東証1部の売買高は13億6664万株、売買代金は2兆3208億円だった。業種別では、31業種がマイナスとなり、ゴム製品、海運業、繊維製品が下落率上位だった。一方、石油・石炭製品が堅調で、鉱業も小幅にプラスとなった。個別では、指数寄与度の大きいファーストリテに加え、村田製やキーエンスといった値がさハイテク株の軟調ぶりが目立った。トヨタ自、三菱UFJ、東エレクなどもさえない。エーザイは5%超、ヤフーは6%超の下落。ともに直近で株価急伸する場面があったが、本日は利益確定売りがかさんだ。サイゼリヤは決算を受けて急落。また、デザインワンなどが東証1部下落率上位となった。一方、ソフトバンクGやソニーはしっかり。任天堂は小幅高となった。出光興産や良品計画はレーティング引き上げ観測を受けて大きく上昇。ビックカメラや竹内製作は決算を好感した買いが入った。また、キリン堂HDがストップ高水準で取引を終えたほか、ハニーズHDなども東証1部上昇率上位に顔を出した。

<HK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ