FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は大幅に値下がり、米中貿易摩擦の激化を懸念[FISCO]

配信日時
2018年6月20日(水)11:58:15
掲載日時
2018年6月20日(水)12:08:15

【ブラジル】ボベスパ指数 71394.34 +2.26%19日のブラジル株式市場では、主要株価指数のボベスパ指数は大幅反発。前日比1579.61ポイント高(+2.26%)の71394.34で取引を終えた。取引開始時点では下落していたが、その後反転。銀行やブラジル石油公社(ペトロブラス)などの上げが目立っていたようだ。なお、市場関係者の大半はブラジル中央銀行は20日の金融政策決定会合で政策金利を前回会合に続いて6.5%に据え置くと予想している。【ロシア】MICEX指数 2221.42 -0.05%19日のロシア株式市場は若干弱含み。主要株価指数のMOEXロシア指数は前日比1.14ポイント安(-0.05%)の2221.42で引けた。米中貿易戦争激化に対する警戒感は消えていないことから、やや上値の重い状態が続いていたようだ。原油価格の反落もやや嫌気されたもよう。ただ、ヘザー・ノーアート米国務省報道官は19日、「米国はロシアとのさらに強固な関係を望んでいる」と伝えており、外部環境改善への期待が一部で浮上している。【インド】SENSEX指数 35286.74 −0.74%19日のインドSENSEX指数は、弱含み。前日比261.52ポイント安(-0.74%)の35286.74、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同89.40ポイント安(-0.83%)の10710.45で取引を終えた。米中貿易戦争に対する警戒感が高まっており、株価指数を圧迫した。SENSEX指数の構成銘柄では4が上昇、27が下落、変わらずは0。ヴェダンタ(VEDL)、マヒンドラ・マヒンドラ(MM)などがさえない動きとなった。【中国本土】上海総合指数 2907.82 −3.78%19日の上海総合指数は大幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比114.08ポイント安(-3.78%)の2907.82ポイントと4日続落した。約2年ぶりの安値水準に落ち込んでいる。米中貿易摩擦の激化を懸念。米メディアは日本時間の本日朝方、「トランプ米大統領が米通商代表部(USTR)に対し、中国製品2000億米ドル相当に10%の追加関税を検討するように指示した」と報じている。これを受けて中国商務部は、「米国が新たな関税の製品リストを公表すれば、包括的な措置をとるだろう」と対抗を予告する声明を発表した。

<NH>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月     
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ