FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今日の為替市場ポイント:円売り材料不足でドル上げ渋りの展開も[FISCO]

配信日時
2018年6月20日(水)08:39:35
掲載日時
2018年6月20日(水)08:49:35

19日のドル・円相場は、東京市場では110円57銭から109円55銭まで下落。欧米市場でドルは109円66銭から110円10銭まで戻しており、110円09銭で取引を終えた。本日20日のドル・円は、主に110円台前半で推移か。リスク回避的なドル売り・円買いは一巡しつつあるが、新たなドル買い・円売り材料が提供されない場合、ドル・円は110円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くと予想される。19日の米国株式市場ではNYダウ、S&P総合500種、ナスダック総合指数がいずれも下落した。米中貿易戦争の激化によって世界経済停滞の可能性が意識されており、19日の米国長期債利回りは低下した。現時点で米連邦準備制度理事会(FRB)は今年中にあと2回の利上げを行なうとの見方は後退していないことから、10年債利回りの下げ幅は縮小したが、2年債と10年債の利回り格差は一時2007年8月末以来となる33.90bp近辺まで縮小した。一般的に2年債と10年債の利回り格差縮小は、将来的な景気後退を示唆する現象とされるが、米財政赤字拡大の可能性が残されているため、利回り格差のさらなる縮小については懐疑的な見方も少なくないようだ。為替相場に与える影響についても、利回り格差の単なる縮小はドル安要因とは言えないとの声が聞かれている。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ