FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日経平均は4日ぶりに反落、ややタカ派な米金融政策に警戒感先行[FISCO]

配信日時
2018年6月14日(木)17:03:48
掲載日時
2018年6月14日(木)17:13:48

日経平均は4日ぶりに反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が、ややタカ派に傾いたことなどから米国株は下落。外部環境の悪化を材料に、日経平均は前日比マイナスで取引を開始した。為替市場では、ドル・円は110円台前半と目立った動きは観測されなかったが、14時過ぎから先物市場でまとまった売りが入り日経平均は下げ幅を拡大。安値引けとなった。なお、一部市場関係者にの指摘によると今月初の日銀によるETF買い入れが実施されたもよう。大引けの日経平均は前日比227.77円安の22738.61円となった。東証1部の売買高は14億9745万株、売買代金は2兆4018億円だった。業種別では、パルプ・紙、その他製品、ガラス、鉱業、電気機器が下落した一方、海運、水産・農林、石油・石炭製品、銀行の4セクターのみ上昇。個別では、同業他社の上場によってリバランスなどが警戒視されて王子HDが下落したほか、TOTO、ユニファミマ、エーザイも売り優勢となった。一方、りそなHD、千葉銀、コンコルディアと銀行株が堅調推移だったほか、楽天、キリンHDがしっかり。

<SK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ