FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米債利回り低下がドル売り招く=東京為替概況

配信日時
2018年6月14日(木)14:40:00
掲載日時
2018年6月14日(木)14:50:00

 ドル円は午前中にいったん値を戻したものの、その後再び売りが強まる展開に。
 FOMC後にいったん110円85銭まで上昇も、111円手前の売りが厚く上値の重さが印象付けられたことや、米紙が中国に対する関税適用を早ければ金曜日にも開始すると報じたことなどが、ドル売りを誘い、朝方いったん110円08銭近辺まで。
 東京勢が本格参加すると、少し値を戻す動きとなり110円35銭近辺まで回復も、午後に入ると再びドル売りが強まった。
 午後のドル売りは米債利回りの低下が主要因に。午前中2.97%台まで上昇していた米10年債利回りが2.94%台まで落ちる中で、ドルは小幅ながら全面安に。ドル円が110円07銭を付け、朝の安値を割り込んだほか、ユーロドルが1.18台を回復し、1.1811を付けるなど、ユーロ高ドル安が進行した。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅


過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ