FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【本日の見通し】ECB理事会にらむ、FOMCは中期的に影響

配信日時
2018年6月14日(木)07:45:00
掲載日時
2018年6月14日(木)07:55:00

 FOMCでのメンバー見通しは強め。
ドットプロットに関して言うと元々年3回と4回が拮抗しており、状況的には前回3回だったメンバーのうちの一人が4回に変化しただけであるが(あと3月で打ち止めを見込んだ超ハト派二名が今回で打ち止めに変わった)、経済成長や物価見通しの引き上げがみられ、利上げペース加速を裏付ける格好となっており、中期的にはドル買いの流れ。

 通商問題懸念はあるが、調整一服後、ドル買いの動きも。

 ユーロ関連は今日の理事会待ち。

 従来ハト派のプラート専務理事が今回の理事会でQE終了を討議と発言するなど、かなり前向きな状況となっているだけに、今回フォワードガイダンスを変更してくる可能性はそれなりにある。
 メインシナリオであるAPPの年内終了を示してくると、基本的にはユーロ買いの動き。
 ユーロ円も買われるが、ユーロドルメインになるとドル円には一時重石となる可能性も。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ