FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

6月13日のNY為替概況[FISCO]

配信日時
2018年6月14日(木)04:42:49
掲載日時
2018年6月14日(木)04:52:49

 13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円34銭から110円85銭まで上昇し、110円60銭で引けた。米5月生産者物価指数(PPI)が予想以上に上昇したほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り追加利上げに踏み切ったほか、金利予測で中間値が年3回から4回に引き上げられ、利上げペース加速を示唆したためドル買いが加速した。ユーロ・ドルは、1.1726ドルまで下落後、1.1799ドルへ反発し、1.1790ドルで引けた。欧米の金利差拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが強まったのち、欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控えて、引けにかけショートカバーが加速。ユーロ・円は、129円86銭から130円35銭まで上昇。ユーロ圏の金利先高感を受けたユーロ買いが優勢となった。ポンド・ドルは、1.3390ドルから1.3319ドルまで下落した。  ドル・スイスは、0.9841フランまで下落後、0.9890フランまで反発した。  【経済指標】・米・5月生産者物価指数:前月比+0.5%(予想:+0.3%、4月:+0.1%)・米・5月生産者物価コア指数:前月比+0.3%(予想:+0.2%、4月:+0.2%)・米・5月生産者物価指数:前年比+3.1%(予想:+2.8%、4月:+2.6%)・米・5月生産者物価コア指数:前年比+2.4%(予想:+2.3%、4月:+2.3%)

<KY>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ