FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】きょうは米FOMC会合、米朝会談通過でリスク軽減

配信日時
2018年6月13日(水)15:45:00
掲載日時
2018年6月13日(水)15:55:00

【これからの見通し】きょうは米FOMC会合、米朝会談通過でリスク軽減

 きょうはFOMCの6月会合の結果が発表される。FF金利誘導目標を0.25%引き上げることで市場のコンセンサスは形成されている。注目はFOMCメンバーの金利見通しとなっており、今年の利上げ回数が3回に留まるのか4回に上方修正されるのかが焦点。また、FOMC声明でのインフレ動向の分析も気掛かり。4月PCEデフレータは2%とインフレ目標水準と一致。昨日発表された5月消費者物価指数は前年比+2.8%と4月の+2.5%から伸びが加速していた。ただ、前回の会合である程度のオーバーシュートを許容するとしており、どの程度の許容幅や期間が認められるのか詳細を確認したいところだ。この点については、パウエルFRB議長会見での質疑応答が注目される。

 FOMCに先立つイベントとしては、英国の一連の物価指標発表、米国の生産者物価指数の発表などが予定されている。欧州ではユーロ圏鉱工業生産が発表される。また、イタリア30年債入札が予定されており、無難に通過すればリスク選好の反応がみられそうだ。

 英国では昨日の下院での審議採決でEU離脱修正案が否決された。議会のEU離脱交渉への介入強化が回避されている。ひとまずメイ政権の信任が保たれた格好となり、ポンド買いを誘っていた。しかし、譲歩を重ねての結果だけに、メイ政権の弱体化が印象付けられる面もあろう。足元ではポンド買いは一巡しており、テクニカルな投売りを誘発するリスクも想定しておきたい。その面からも英物価指標の結果が注目されそうだ。

 ドル円は110円台後半での推移。日経平均の続伸など米朝首脳会談を通過してリスク警戒感が軽減している。きょうはFOMC会合といった一大イベントが予定されており、ドル相場に対する注目度が高まりやすい。通常であれば、イベント通過で短期ポジションに調整が入りやすいが、FOMCの内容次第でもありきょうはどうか。 

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ