FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

東京株式(前引け)=続伸、FOMC前に様子見ムードも円安などが追い風

配信日時
2018年6月13日(水)11:55:00
掲載日時
2018年6月13日(水)12:05:00

 13日前引けの日経平均株価は前営業日比56円23銭高の2万2934円58銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は6億1717万株、売買代金概算は1兆1145億2000万円。値上がり銘柄数は1207、対して値下がり銘柄数は767、変わらずは113銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、主力株中心に買い優勢の展開だったが2万3000円近辺では売り板が厚く上値の重さも意識された。米朝首脳会談の結果は大方予想された通りで全体相場への影響は限定的。為替が1ドル=110円台半ばから後半をうかがう動きで円安傾向にあることはポジティブ材料となっている。地合いは強いものの、日本時間あす未明に発表されるFOMCの結果を前に様子見ムードも漂う。

 個別ではソフトバンクグループ<9984>が堅調、トヨタ自動車<7203>、日本電産<6594>なども買い優勢となった。曙ブレーキ工業<7238>、ミサワ<3169>がストップ高に買われ、アイフル<8515>が物色人気となった。日本通運<9062>、千趣会<8165>が高く、サイバーエージェント<4751>も上昇した。半面、任天堂<7974>が群を抜く売買代金をこなし急落。SUMCO<3436>、ローム<6963>も値を下げた。日本通信<9424>、ヨシックス<3221>、アイロムグループ<2372>などが急落。ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>も下落した。

出所:minkabuPRESS 株式情報

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ