FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY為替:ドル強含み、米利上げペース加速の思惑強まる[FISCO]

配信日時
2018年6月13日(水)06:54:21
掲載日時
2018年6月13日(水)07:04:21

12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円16銭から110円49銭まで上昇し、110円37銭で引けた。6月の連邦公開市場委員会(FOMC)開催中に発表された米国の米5月消費者物価指数(CPI)は、6年ぶり高水準となったほか、コア指数も1年ぶりの高水準に達しており、FOMCの緩やかな利上げ軌道を正当化したためドル買いが優勢となった。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が全会合後の記者会見を検討しているとの報道を受けて、利上げペース加速の思惑が強まり、さらなるドル買いにつながった。ユーロ・ドルは、1.1801ドルから1.1734ドルまで下落し、1.1745ドルで引けた。欧米の金利差拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが強まった。ユーロ・円は、130円14銭から129円57銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3350ドルから1.3425ドルまで上昇した。メイ英首相が欧州連合(EU)離脱方針に絡んだ政局危機を回避したため、ポンドのショートカバーが強まった。ドル・スイスは、0.9834フランから0.9874フランまで上昇した。

<MK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ