FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米国株見通し:長期金利上昇一服で上値重い[FISCO]

配信日時
2018年6月5日(火)20:52:11
掲載日時
2018年6月5日(火)21:02:11

S&P500先物       2748.75(+3.25) (20:00現在)ナスダック100先物  7165.50(+17.25) (20:00現在)20時00分時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物は小高く推移している。NYダウ先物は35ドル高程度で推移。ドイツDAX指数が前日比1%超の上昇となるなど、欧州株式市場は堅調な推移をみせている。一方で、米原油先物は前日比0.95ドル安での動きとなっている。こうした流れを受け、5日の米株式市場はやや買い先行で始まるとみられる。米国10年債利回りの上昇が一服している。前週末から今週初までの上昇を支えた一因として5月雇用統計を受けた米長期金利の上昇が挙げられていたことから、これが嫌気され、節目の25000ドルを目前に足元の上昇を受けての利益確定売りが出る可能性はある。経済指標では、5月ISM非製造業総合景況指数の発表が注目される。市場予想では57.6と、前月4月の56.8を上回る見通しであり、好感されそうだ。個別では、格上げ観測の伝わっているディスカバリーやオクシデンタル石油に関心が向かう可能性がある一方で、格下げ観測の伝わるアルタビューティーには足元の上昇を受けた利食い売りの動きが出やすいだろう。また、前日にバンクオブアメリカ・メリルリンチがゲーム市場からの好影響を指摘し、ともに買われた半導体のエヌビディアとアドバンスト・マイクロ・デバイセズに引き続き関心が向かうかどうかも注目だろう。

<KK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ