FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

週末を前に午後は調整広がる=NY為替概況

配信日時
2018年5月26日(土)06:10:00
掲載日時
2018年5月26日(土)06:20:00

 NY市場では、一時リスク警戒の円買いが強まる展開に。米長期債利回りの低下、NY原油先物の大きな下落などがリスク要因となり、ドル円は109円13銭近辺と、東京市場朝方の安値圏まで値を落とした。イタリア新政権への警戒感からドイツとイタリアの国債利回りが2%を超えたことなども、リスク警戒の動きを誘った。
 もっとも、その後はポジション調整ムードが広がり、ドル円は109円台半ばまで値を戻す展開に。週明けの月曜日は米国(メモリアルデー)英国(バンクホリデー)と、祝日になっており、ロンドン、NY市場が休場となることから、週末越えのポジション維持がいつも以上に警戒されている。

 ユーロドルはイタリア新政権がらみに警戒が強く、対ドル、対円での値を落とす展開に。スペインでも最大野党が内閣不信任案動議に動く可能性が示されるなど、加盟各国の政権がらみでの警戒がユーロ売りを誘った。ユーロドルは朝方1.16台半ば割れを付けると、戻りがそれほど見られず、安値圏もみ合いが続いた。

 ポンドも軟調な地合いとなった。原油安が英株の重石となり、値を落とす中でポンド売りの動き。対ドルで1.33台を維持しているものの1.3310近辺でもみ合うなど、頭の重さが印象的に。

 トルコリラはこの時間帯は落ち着いた動き。ロングウィークエンドを前にポジション整理が一巡した後に新規にポジションを作る動きがみられず。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ