FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】週明けは米株とドル円の動向に注目

配信日時
2018年5月21日(月)15:45:00
掲載日時
2018年5月21日(月)15:55:00

 週明けはドル円が堅調。再び111円台に乗せると、高値を111.37レベルまで広げている。米中通商協議で中国が米国からのモノとサービスの輸入を大幅に増やすと表明したことで、米株先物が時間外取引で大幅上昇していることが、リスク選好的な円売りを誘った面があるようだ。

 また、先週末のドル円の調整売りが110円台後半に留まり、浅かったことで、週明けに再び買いが強まった面もあるようだ。110円台乗せの攻防戦で売り方が負けた格好となっており、ショートカバーの動きが優勢。輸出企業の売り予約もひとまずこなしており、次の照準を探る段階となっているようだ。

 きょうはドイツとスイスが聖霊降臨祭関連の祝日のため、株式市場は休場。カナダではビクトリア女王生誕日の祝日で株式市場が休場となる。また、経済統計は米国でシカゴ連銀全米活動指数が発表されるくらいで、欧州や英国とともに注目度の高い経済指標発表は予定されていない。

 NY市場後半には、一連の米金融当局者らの講演が予定されている。ボスティック・アトランタ連銀総裁、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁など。利上げ観測の強弱とともに米株動向とドル円相場に焦点が当てられそうだ。

 NY株式市場が米中通商協議でひとまず対決姿勢が緩和したことにどの程度の買い反応をみせるのかをみきわめたいところ。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ