FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ユーロドルは下値模索続く ファンド勢の売りオーダーが断続的に観測=NY為替チェック

配信日時
2018年5月18日(金)00:46:00
掲載日時
2018年5月18日(金)00:56:00

 一連の米経済指標を通過してユーロドルは1.17ドル台後半での振幅が続いている。きょうも下値模索が続いており、ロンドン時間には一時、1.1780ドル近辺まで下落した。NY時間に入って1.18ドル台に戻す場面も見られたものの、上値を抑えられている。短期筋のショートカバーをファンド勢の戻り売りが上値を抑えているようだ。上値ではファンド勢の戻り売りオーダーが断続的に入っているとの観測も聞かれる。

 イタリアの「五つ星運動」と「同盟」のポピュリスト政党の2党が連立協議で合意したと伝わっている。ECBに対する2500億ユーロの債務減免は合意から削除されたようだ。しかし、EUに対して再考を求める姿勢は盛り込まれている。

 今後、ユーロへの影響がどのように出るか注意を払う必要がありそうだが、いまのところはユーロ相場は冷静に受け止めているようだ。

 目先は今週安値の1.1765ドル付近と、その下は12月安値の1.17ドル台前半が意識される。

EUR/USD 1.1791 EUR/JPY 130.68 EUR/GBP 0.8731

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ