FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

後場に注目すべき3つのポイント~海外情勢見極めでこう着感[FISCO]

配信日時
2018年5月17日(木)12:57:51
掲載日時
2018年5月17日(木)13:07:51

17日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は3日ぶり反発、海外情勢見極めでこう着感・ドル・円は下げ渋り、米金利の高水準で110円台を維持・値上がり寄与トップはファーストリテ、同2位は東エレク■日経平均は3日ぶり反発、海外情勢見極めでこう着感日経平均は3日ぶり反発。100.65円高の22817.88円(出来高概算7億5000万株)で前場の取引を終えている。16日の米国市場でNYダウは反発し、62ドル高となった。金利上昇や地政学リスクへの警戒感が残るなか、前日の株価下落を受けた買い戻しが先行した。また、米4月鉱工業生産指数が市場予想を上回ったことを受けて、米10年債利回りが3.1%に達するとともに円相場が下落。本日の東京市場では米株高や為替の円安推移を好感した買いが先行し、日経平均は103円高からスタートした。ただ、寄り付き後は高値圏でこう着感の強い展開となり、前場の上下の値幅は43.5円にとどまった。個別では、三菱UFJや三井住友といったメガバンク株に米金利上昇を受けた買いが先行。ともに朝方3%を超える上昇となる場面があった。その他売買代金上位では任天堂、マネックスG、ソニー、SUMCOなどが堅調で、トヨタ自は小高い。一方、武田薬、Vテク、三井不、NTT、日本郵政などがさえない。業績観測が伝わった損害保険大手ではMS&ADやSOMPOが上昇。米ハリケーンによる業績への影響は織り込み済みだったようだ。セクターでは、ガラス・土石製品、繊維製品、非鉄金属などが上昇。反面、倉庫・運輸関連業、空運業、小売業などが軟調だった。日経平均は金融株を中心とした主力株の上昇によりしっかりとした展開だが、一段の上値追いの動きは乏しく、5日移動平均線水準でこう着感を強めている。明日にかけて開催される米中貿易協議、6月12日に予定される米朝首脳会談などの動向を見極めたいとする思惑は強いとみられ、節目の23000円を前に戻りの鈍い展開が続きそうだ。新興市場ではマザーズ指数の上昇が目立つ。前日に商いを伴って大きく下げていたことから、底入れに期待した買いも入っているものと思われる。ただ、底入れかどうかについては慎重に見極める必要があるだろう。前述した重要イベントを前に、日経平均の上値の重さから幕間つなぎ的な物色が向かっているとの印象も拭えない。また、北朝鮮情勢を巡る地政学リスクは個人投資家のマインドにも大きく影響する。■ドル・円は下げ渋り、米金利の高水準で110円台を維持17日午前の東京市場で、ドル・円は下げ渋り。米金利の高水準での推移を背景に、ドルは110円台を維持した。米10年債利回りが節目の3.1%台に上昇したことで、目先の金利先高観は後退し、ややドル売りに振れた。午前中は、3.1%を割り込んだタイミングで、ドルは一時110円08銭まで弱含んだ。ただ、米10年債利回りは引き続き3%台の高水準を維持。またランチタイムの日経平均先物はプラス圏で推移しており、日本株高継続を見込んだ円売りがドルをサポートしているもよう。ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円08銭から110円40銭、ユーロ・円は130円24銭から130円42銭、ユーロ・ドルは1.1806ドルから1.1837ドルで推移した。(為替・債券アナリスト 吉池威)■後場のチェック銘柄・麻生フオームや日本和装HDなど3銘柄がストップ高※一時ストップ高・安(気配値)を含みます・値上がり寄与トップはファーストリテ、同2位は東エレク■経済指標・要人発言・NZ・1-3月生産者物価指数・産出:+0.2%(10-12月期:前期比+1.0%)・日・3月機械受注(船舶・電力を除く民需):-3.9%(前月比予想:-3.0%、2月:+2.1%)・豪・4月失業率:5.5%(予想:5.5%、3月:5.5%)・豪・4月雇用者数増減:+2.26万人(予想:+2万人、3月:-0.07万人←+0.49万人)☆後場の注目スケジュール☆<国内>特になし<海外>特になし

<HH>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ