FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

日経平均は103円高でスタート、ファーストリテやファナックが牽引[FISCO]

配信日時
2018年5月17日(木)09:52:27
掲載日時
2018年5月17日(木)10:02:27

[日経平均株価・TOPIX(表)]日経平均;22820.62;+103.39TOPIX;1807.47;+7.12[寄り付き概況] 17日の日経平均は前日比103.39円高の22820.62円と反発して始まった。16日のシカゴ日経平均は大証比70円高の22810円で引けており、その水準を若干上回っての堅調なスタートとなった。16日の米国では、4月の鉱工業生産指数が市場予想をやや上回る増加となった。これで米長期金利が3.09%へさらに上昇したが、米国経済の成長ペース加速の観測が台頭し始めたことや、消費回復本格化の恩恵を受けやすい百貨店業界の大手メーシーズの市場予想を上回る四半期決算に支援され、米株式市場は反発に転じた。米長期金利の上昇で為替は1ドル=110円30銭処のドル高円安水準を維持している。これを受け、本日の東京市場では前日の米株式市場の反発とドル高円安傾向に支援され、投資家が押し目買い姿勢をみせた。 セクターでは、銀行、精密機器、輸送用機器、ゴム製品が堅調な一方、海運、倉庫、ガスが弱含みといった展開にある。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ、東京エレクトロン、ファナックが牽引役となる一方、クレディセゾン、住友不動産、NTTデータが重石となっている。

<US>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ