FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ダウ平均は8日続伸 トランプ大統領のツイートで米中貿易戦争への懸念後退=米国株概況

配信日時
2018年5月15日(火)05:23:00
掲載日時
2018年5月15日(火)05:33:00

NY株式14日(NY時間16:22)
ダウ平均   24899.41(+68.24 +0.27%)
S&P500    2730.13(+2.41 +0.09%)
ナスダック   7411.32(+8.43 +0.11%)
CME日経平均先物 22890(大証終比:+30 +0.13%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は8日続伸。きょうは米中貿易戦争への懸念が後退している。トランプ大統領は、米政府の制裁で苦境に立った中国の通信機器メーカーZTEについて、「速やかに事業に戻る方策を同社に示すため、習主席と協力している」とツイートしたことが、市場に安心感を与えている。

 一方、中国側は劉鶴副首相が訪米し、ムニューシン米財務長官と協議するほか、クアルコムによるオランダのNXPセミコンダクターズ買収の承認申請について審査を再開したとも伝わった。

 ダウ平均は一時163ドル高まで上昇し、2万5000ドルに接近。4月に上値を抑えた100日線も上回る動きとなった。

 ただ、午後になって伸び悩む動きが出ている。さすがに連騰しているだけあって上値での利益確定売りも出ていることや、ロス商務長官が貿易問題で、依然として米中の隔たりは大きいとの認識を示したことや、6月1にまでに合意しなければ、EUへの制裁関税を発動すると述べたことも相場を圧迫している。

 ダウ採用銘柄ではユナイテッド・ヘルスやウォルマート、ファイザーが上昇しているほか、ダウ・デュポン、エクソンモービルも堅調。ゴールドマンも堅調に推移している。ゴールドマンはトレーディング部門の共同責任者のサラーメ、イーレット両氏が退職すると発表した。一方、トラベラーズ、マクドナルド、ジョンソン&ジョンソンが軟調。

 ナスダックも先週末付近まで伸び悩んだもののプラス圏を維持している。テスラが下落しているほか、アップルやフェイスブックもマイナス圏に沈んでいる。一方、エヌビディアやアルファベット、マイクロンが上昇。

 マイクロンは21日月曜日に開催されるアナリスト説明会への期待感が高まっているようだ。

 NXPセミコンダクターズが大幅高。ブルームバーグが関係筋の話として、クアルコムによる同社の買収承認申請を巡り中国当局が審査を再開した。米中貿易問題を受けて審査は棚上げになっていた。中国商務省当局者はクアルコムによるNXP買収計画と国内企業を保護する是正案の審査を急ぐよう求められたという。

 事務用機器のゼロックスが下落。同社は富士フイルムによる買収合意を破棄すると発表した。ただ、富士フィルム側は一方的に契約を破棄する権限はないと抗議しており、訴訟も視野に対応するとしている。

 先週末に急落したシマンテックが反発。先週末は4-6月期や通期の見通しが予想を大きく下回り、失望感から30%超急落していた。そのほか監査委員会が、元従業員から提起された懸念事項について調査を行っており、結果次第では決算内容やガイダンスに変更が生じる可能性があることを明らかにしていた。その調査について本日、追加情報を公表するとしている。

マイクロン 53.00(+1.18 +2.28%)
NXP 110.74(+11.73 +11.85%)
クアルコム 56.74(+1.51 +2.73%)
ゼロックス 28.87(-1.30 -4.31%)
シマンテック 21.40(+1.88 +9.63%)

アルファベット(C) 1100.20(+1.94 +0.18%)
フェイスブック 186.64(-0.35 -0.19%)
ネットフリックス 328.53(+2.07 +0.63%)
テスラ 291.97(-9.09 -3.02%)
アマゾン 1601.54(-1.37 -0.09%)
エヌビディア 255.36(+0.83 +0.33%)
ツイッター 33.39(+0.64 +1.95%)

ダウ採用銘柄
J&J       126.06(-1.18 -0.93%)
P&G       73.28(-0.09 -0.12%)
ダウ・デュポン     67.53(+0.60 +0.90%)
ボーイング    344.59(+2.13 +0.62%) 
キャタピラー   155.28(+0.42 +0.27%) 
ユナイテッド   124.98(+0.50 +0.40%) 
ビザ     131.21(-0.61 -0.46%) 
ナイキ        68.84(+0.41 +0.60%)
GE        14.71(+0.11 +0.75%) 
3M        205.76(+0.60 +0.29%) 
エクソンモビル  81.83(+0.55 +0.68%) 
シェブロン    130.39(+0.55 +0.42%) 
コカコーラ    42.04(-0.10 -0.24%) 
ディズニー    102.44(+0.37 +0.36%) 
マクドナルド   164.72(-0.67 -0.41%) 
ウォルマート  84.39(+1.01 +1.21%)
ホームデポ   191.08(+0.77 +0.40%)
JPモルガン   113.90(+0.04 +0.04%)
トラベラーズ     130.00(-1.25 -0.95%)
ゴールドマン     243.91(+0.99 +0.41%)
アメックス    101.29(-0.13 -0.13%) 
ユナイテッドヘルス   242.90(+4.62 +1.94%)
IBM      144.30(+0.16 +0.11%)
アップル      188.15(-0.44 -0.23%)
ベライゾン   48.49(-0.13 -0.27%)
マイクロソフト  98.03(+0.33 +0.34%)
インテル     54.90(+0.23 +0.42%)
ファイザー   35.86(+0.36 +1.01%)
メルク      59.68(-0.01 -0.02%)
シスコ      45.70(-0.23 -0.50%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ