FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】110円との声もでるなかで、ドル円の上昇具合をウォッチ

配信日時
2018年4月25日(水)15:45:00
掲載日時
2018年4月25日(水)15:55:00

【これからの見通し】110円との声もでるなかで、ドル円の上昇具合をウォッチ

 ドル円は109円台での取引。米10年債利回りが、きのうきょうと3%の大台乗せとなる動きがドル買い圧力となっている。ただ、昨日の米株式市場では決算発表を受けて売りが強まっており、ドル円には売り圧力が掛かる場面もあった。米債利回りが上昇するなかでの米株式市場の急落とあって、今後のリスク動向にはやや不透明感が垣間見られている。ドル円がこのまま110円の心理的なポイントに向けて上昇し続けるのか、きょうの米株式市場動向は要注意となりそうだ。

 米国ではMBA住宅ローン申請指数(20日までの週)が発表されるくらいで、目立った経済統計の発表や米金融当局者の講演は予定されていない。昨日の米株式市場ではIT関連企業の決算が不透明感を広げたが、きょうの決算発表はどうか。Twitter、VISA、ボーイング、クアルコムなどが取引時間前、AT&T、Facebook、eベイ、フォードなどが取引時間後に発表される予定。

 また、一部報道によると25日午後の米仏首脳の夕食会にはアップルのクックCEOが出席する。トランプ大統領とクックCEOとの会談が行われる予定もあるという。株式関連の話題には事欠かないこととなりそうだ。

 今週は、あすのECB理事会まではファンダメンタルズ面の材料は乏しい。ポンド相場にとっては武田薬品がアイルランド籍の製薬会社シャイアーと買収交渉を行っており、週明けからポンド円への思惑買いがでていた。そろそろ合意されるとの報道もあり、ポンド円にとっては買い一巡後の反動にも警戒しておきたい。

 minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ