FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

短期的な調整、下落は転換線まで許容範囲内[FISCO]

配信日時
2018年4月20日(金)08:14:42
掲載日時
2018年4月20日(金)08:24:42

[本日の想定レンジ] 19日のNY市場は下落。NYダウは83.18ドル安の24664.89、ナスダック総合指数は57.18ポイント安の7238.06と下げ、シカゴ日経225先物の清算値は大阪比60円安の22140円。19日の日経225は75日線を上回る22360.65円まで上げた後、前日終値付近まで上げ幅を縮小。ローソク足は上ひげの長い「塔婆」を形成し、短期的な調整局面入りを示唆した。5日線との上方乖離幅が拡大しているほか、22000円乗せに伴う短期的な目標達成感から、20日は売りが出やすい地合いが予想される。ただ、25日線や200日線は上昇を続けており、節目の22000円やその直下で上向き中の5日線は維持されよう。一目均衡表では、日々線は雲の中にあるが、転換線と基準線が上向きを維持。転換線付近までの下落なら上昇基調は損なわれず、押し目買いが有効となりそうだ。ボリンジャーバンドでは前日に2日連続で+2σを超える場面があったが、終値では+2σ割れ。20日は+2σ絡みでの動きが見込まれ、終わってみれば値固めの1日になろう。[予想レンジ]上限 22200円−下限 22000円

<FA>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ