FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

個別銘柄戦略:安川電や壱番屋に注目[FISCO]

配信日時
2018年4月16日(月)09:03:08
掲載日時
2018年4月16日(月)09:13:08

13日の米国市場はNYダウが122.91ドル安の24360.14と反落して終了。為替は一時1ドル=107.70銭台まで円安・ドル高が進んだ。13日のシカゴ日経225先物は21785円と、大阪日中取引比25円安と弱含み。米国の取引終了後の日本時間14日午前に米国が英国、フランスと合同でシリア攻撃に踏み切った。このため、世界の主要市場では東京市場がシリア情勢を最初に織り込むことになる。リスク回避の株売りと円買いが警戒されるが、16日早朝の豪州市場では、1ドル107円台半ばで取引が始まっており、円相場の急騰とそれによる株価急落のシナリオは後退。むしろ、シリア攻撃が終わったことで短期的な悪材料出尽くし感からショートカバー優勢の地合いが予想される。ファーストリテやソフトバンクGといった日経225の高寄与度銘柄が先物と歩調を合わせて買われよう。原油相場の高止まり観測を背景に国際石油開発帝石や三井物、JXTGホールディングスの値上がりも予想される。このほか、格上げ等が観測されている安川電、壱番屋などに注目

<US>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ