FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米国株見通し:トランプ政権の先行き懸念再燃も[FISCO]

配信日時
2018年3月22日(木)20:38:05
掲載日時
2018年3月22日(木)20:48:05

S&P500先物 2697.75(-20.50) (20:05現在)ナスダック100先物 6800.50(-83.50) (20:05現在)20:05時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は軟調に推移している。また、NYダウは190ドル安程度で推移。欧州市場は全般軟調に推移している。原油相場は小幅に下落して推移。この流れを受けて、22日の米株式市場は売り先行でのスタートになりそうだ。21日の米株式市場は下落。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられたほか、パウエル議長は18年の利上げ見通しを維持した。発表後に一時上昇したものの、引けにかけて上げ幅を縮小し下落に転じている。グローベックスの弱い流れを受けて、波乱の展開が警戒されそうである。なお、米東部ペンシルベニア州で今月13日に行われた連邦下院補欠選挙で勝利を宣言していた民主党のコナー・ラム候補は21日、共和党の対立候補、リック・サッコーン氏が敗北を認めたと明らかにしたと報じられており、トランプ大統領に打撃となる。また、トランプ大統領は「選挙で勝利した件で祝意を伝えるため、プーチン大統領に電話したとツイート。側近の助言を無視したと伝えられるなか、トランプ政権への不透明感が高まりそうである。経済指標は、先週分新規失業保険申請件数、1月FHFA住宅価格指数、3月製造業PMI速報値、3月サービス業PMI速報値、2月景気先行指数などの発表が予定されている。

<KK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月        
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ