FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

金融正常化に向けた動きへ【クロージング】[FISCO]

配信日時
2018年2月23日(金)16:07:01
掲載日時
2018年2月23日(金)16:17:01

23日の日経平均は反発。156.34円高の21892.78円(出来高概算11億9000万株)で取引を終えた。22日の米国市場ではNYダウが3日ぶりに反発したほか、シカゴ先物が大阪比で上昇していた流れもあり、前日の大幅下落に対する反発をみせた。その後は21800円を挟んでのもち合いが続く中、為替相場の落ち着きやグローベックスのNYダウ先物の上昇の流れを受けて、一時21900円を回復する局面もみられた。ただ、5日線が心理的な抵抗として意識されており、強弱感が対立する格好。もっとも出来高は11億株台と今年最低であり、薄商いの中を先物主導によるインデックス売買に振らされる展開であろう。セクターでは小売、精密機器が小安かった他は、31業種が上昇しており、原油相場の上昇や米エネルギー株の好決算を背景に、石油石炭、鉱業が堅調。その他、建設、電力ガス、鉄鋼、非鉄金属、その他金融、不動産がしっかり。東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG、ファーストリテ、TDKがしっかり。出来高が低水準であり、先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況が続きそうである。そのため、米長期金利やこれを受けた米国市場の動向に振らされやすいだろう。ただ、足元では長期金利の上昇に対してVIX指数は落ち着きをみせており、2月前半のような波乱相場にはならなそうである。長期金利の上昇に反応する形で金融株の上昇もみられており、正常化に向けた動きをみせてこよう。来週は米国で多くの経済指標の発表が予定されている。また、イエレン前FRB議長とバーナンキ元FRB議長の会談が予定されているほか、パウエルFRB議長が下院金融委員会で半期に一度の証言を行う。これらを受けた金利上昇局面において、VIX指数の落ち着きがみられるようだと、市場は利上げを織り込み、プラス面を手掛かりとした物色に向かわせよう。(村瀬智一)

<AK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ