FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米国株見通し:NYダウ13週線へのリバウンドなるか注目[FISCO]

配信日時
2018年2月14日(水)20:03:11
掲載日時
2018年2月14日(水)20:13:11

S&P500先物 2672.25(+10.50) (20:00現在)ナスダック100先物 6588.00(+27.50) (20:00現在)20:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは120ドル高程度で推移。欧州市場は全般上昇して推移している。原油相場は下落して推移。この流れを受けて、14日の米株式市場は買い先行で始まろう。13日の米株式市場はは続伸となったが、トランプ政権が発表したインフラ投資計画による財政圧迫を懸念する見方などから、上値の重い展開だった。NYダウは3営業日続伸とリバウンドを見せてきているが、26週線を支持線としたリバウンドにより、13週線が視野に入ってきている。13週線は24950ドル近辺に位置しており、これを捉えてくるようだと、センチメントは改善しそうである。週末の先物・オプション決済日に向けて、ショートカバーも意識されてくるだろう。VIX指数は小幅に下落して推移していることも安心感につながりそうだ。もっとも、ボラティリティーの指数を含め指数連動のデリバティブ投資による巻き戻しには、引き続き注視する必要はあるため、値動きの荒い相場展開は覚悟しておく必要がありそうだ。

<KK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月          
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ