FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

13日の中国本土市場概況:上海総合1.0%高で続伸、金融セクター相場けん引[FISCO]

配信日時
2018年2月13日(火)17:06:15
掲載日時
2018年2月13日(火)17:16:15

13日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比30.83ポイント(0.98%)高の3184.96ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、32.32ポイント(0.98%)高の3335.69ポイントで取引を終えた。中国人民銀行(中央銀行)の金融スタンスを好感。人民銀は13日、金融政策ツールの「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じ、合計3930億人民元(約6兆7500億円)を市場に供給したと発表した。春節前後は例年、金融市場の流動性がひっ迫しがちなため、一定額の資金供給を行ったとみられている。新規融資の伸びもプラス。今年1月の元建て新規融資額は予想を上回り、過去最大を記録した。また、株価下支えのため、中国証券監督管理委員会が「口先介入」に乗り出した——と伝えられたことも引き続き材料視されている。下値不安が薄らぐ格好だ。時価総額上位の金融株が相場をけん引。中国工商銀行(601398/SH)が2.9%高、中国平安保険(601318/SH)が3.2%高で引けた。平安保険については、今年1月の収入保険が前年比2割増で推移したことも好感されている。不動産株も高い。保利地産(600048/SH)が4.2%上昇した。消費関連株、自動車株、資源・素材株、インフラ関連株なども物色されている。外貨建てB株の相場もしっかり。上海B株指数が2.25ポイント(0.70%)高の322.90ポイント、深センB株指数が12.02ポイント(1.06%)高の1146.92ポイントで終了した。【亜州IR】

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ