FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

ネコニー:仮想通貨の草コイン、ICO投資について【FISCOソーシャルレポーター】[FISCO]

配信日時
2018年2月13日(火)13:19:54
掲載日時
2018年2月13日(火)13:29:54

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ネコニー氏(ブログ「ネコニーの仮想通貨ブログ(脱糞)」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。----※2018年2月7日18時に執筆皆さんは仮想通貨投資において、大きく利益を得る方法として「草コイン投資」や「ICO投資」という言葉を聞いたことがありますか?本日はこのように、当たればリターンが非常に大きいが外れると大損をしてしまう、まさに宝くじのような投資について、具体的にどうのようなものなのか、特徴や注意点についてお話させていただこうと思います。まず、初めに草コイン投資についてご説明します。草コインというのは簡単に言ってしまうと非常に安価なコインのことを指します。アルトコインを購入する際、ビットコインを購入し、ビットコインでアルトコインを購入することが多いですが、アルトコインの価格はコインによって様々です。なお、ビットコイン建ての最小単位は0.00000001btcとなります。例えば、0.00000001btcの価格のコインがあり、これが0.00000003btcになれば単純に3倍になります。価格が低いということは伸び幅が大きく期待されます。有望そうな低価格な銘柄にお金を入れ、大きく利益を得ようというのが草コイン投資です。過去の例では1年で1900倍になった銘柄などもあり、1万円投資をしたら1900万円という非常にロマンのある投資だと思います。原資の少ない方は草コイン投資をし、一発逆転を目指すというのは仮想通貨界隈でも多く見受けられます。夢のある話だとは思いますが、リスクは通常のアルトコインよりも非常に高く、大きな損をしてしまうことも非常に多いです。草コインは投機的なコインが非常に多く、プロダクトがない、開発が進まない、そもそも開発をする気がないといったものが非常に多くみられ、さらには大手企業と提携、政府と連携などを謳い、SNS上で煽り購入させ、自分は売り抜けるといったような詐欺のような行為も多くみられます。また草コインは基本的に売買の量が少なく、誰かが1btc分買うだけで大きく値段が動くことも珍しくありません。また、購入したは良いが売り切ることができず、結果損するといったことも多く起こり得ます。このように購入しても売れないため、ある程度資金を持っている人は草コインは買わずに出来高が多いメジャーなアルトコインやビットコインの売買をする人が多いです。草コイン投資をするならなくなっても良い金額、できれば20万円以内程度で、銘柄を自分で調べ、きちんとプロジェクトが動いているか? 開発の状況は? サポーターはどれくらいいるのか? 詐欺的な性質はないか? などを精査する必要があり、3000種類以上ある膨大なアルトコインの中から精査するのは非常に大変です。そういった中から自分で調べる自信がある、もしくは身近に詳しい人がいるのであれば少額を投資しても良いのではないでしょうか?次にICOについてです。ICOとは株でいうIPOから来ており、上場される前の新規コインを購入するといったものとなります。株というものは価値を裏付ける経済活動があり、それによって配当や株価が上昇といったことが起こりますが、仮想通貨は現状そういったことがあるコインはごく一部です。「これからこういった目的で使われる予定のコインを作りますので、お金をください」といった案件が多く、コインを購入しても売買できずにプロジェクトが終わってしまう詐欺的な性質のものも非常に多くみられます。詐欺的な案件が多く、かつ多額のお金が流れてしまうので、例えば中国や韓国ではICOは禁止されており、そこに住んでいる人は参加ができません。そのため、現状身分確認をするICOがほとんどで、自分のパスポートなどを送る作業なども必要となり、個人情報の管理についても大丈夫なのだろうか?と疑問に思うことがあります。ICOについてマイナスな部分を大きく取り上げてしまいましたが、きちんとしたプロジェクトで開発やサポーターがしっかりしており、将来性のあるようなものであれば、取引所上場後、通常の取引では得られないような大きな利益を得ることができます。ICOのプロジェクトは非常にたくさんあり、その中からどのプロジェクトがまともなのかというところを精査しなければいけません。どのような実績を持つ人物がどんな目的のコインを作るのか、競合はあるのか、あるのであればそれと比べての優位性は?コインの発行枚数やいつ上場するのか、どのくらいのお金を集め、どう配分するのか、など、仮想通貨初心者が見分けるには非常に難易度が高いです。どちらの投資もロマンがありますが、とてもハイリスクハイリターンであり、第三者からの煽りも非常に多くみられるので、正しい情報を自分で精査できなければ、こういった投資は避けるほうが良いと思います。仮想通貨投資はまだ法律も整備されていない部分が多く、インサイダーを語った煽りなども多くあります。詐欺的なプロジェクトに投資してしまうことのないよう気をつけてください。逆に、その辺を見分けられるようになれば数万円からでも数十万、数百万、うまくいけば一千万円以上の利益を出すことも夢ではないかもしれません。夢のある草コイン、ICO投資をあなたはどう判断いたしますか?----執筆者名:ネコニーブログ名:ネコニーの仮想通貨ブログ(脱糞)

<HT>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ