FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は3日ぶりに反発、海外市場の上昇を受けロシア株にも買いが広がる[FISCO]

配信日時
2018年2月13日(火)09:57:17
掲載日時
2018年2月13日(火)10:07:17

【ブラジル】休場【ロシア】MICEX指数 2220.12 +1.05%12日のロシア株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のMICEX指数は前日比23.00ポイント高(+1.05%)の2220.12で取引を終了した。2206.28から2229.81まで上昇した。高く寄り付いた後は上げ幅をやや拡大させた。海外市場の上昇を受け、ロシア株にも買いが広がった。また、原油価格が堅調な値動きを示したことも資源セクターのサポート材料。ほかに、利下げの実施が改めて好感された。ロシア中央銀行は9日、政策金利を7.75%から7.50%に引き下げると発表した。【インド】SENSEX指数 34300.47 +0.87%12日のインドSENSEX指数は反発。前日比294.71ポイント高(+0.87%)の34300.47、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同84.80ポイント高(+0.81%)の10539.75で取引を終えた。高く寄り付いた後は狭いレンジでもみ合った。最近の下落で値ごろ感が強まり、下値を拾う動きが活発になった。また、アジア市場がおおむね堅調な値動きを示していることも買い安心感を与えた。【中国本土】上海総合指数 3154.13 +0.78%週明け12日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比24.27ポイント高(+0.78%)の3154.13ポイントと5日ぶりに反発した。急落後の反動で買われる展開。先週末の上海総合指数は4.1%安と大幅に4日続落し、約8カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいたため、値ごろ感が着目された。株価の下支えに向け、中国証券監督管理委員会が「口先介入」を行ったもよう——と伝えられたこともプラス。具体的な措置としては、上場企業の大株主に対して買い支えを奨励したほか、一部ファンドに売り越しを禁止したという。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ