FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今日の為替市場ポイント:手掛かり材料不足で株価動向を注視する展開[FISCO]

配信日時
2018年2月13日(火)08:36:59
掲載日時
2018年2月13日(火)08:46:59

12日のドル・円相場は、東京市場では108円89銭から108円56銭まで下落。欧米市場でドルは一時108円44銭まで売られたが、108円81銭まで反発し、108円64銭で取引を終えた。本日13日のドル・円は、主に108円台後半で推移か。材料難で方向感にかける中、日経平均株価の動きを眺め、108円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。主要な経済指標の発表もなく新規材料難にかける中、ドル・円は108円台後半で小動きに推移している。米株式市場が堅調に推移し投資家心理が改善されたほか、米長期金利が小幅に上昇したことが、ドル相場を下支えしている。12日に発表された米国の2019会計年度予算教書では、財政赤字が大幅膨らむ見通しとなったものの、相場への影響は限定的だった。本日の東京市場では日経平均株価の動きをにらみ、108円台半ばから後半の水準での狭いレンジ内での取引にとどまると予想される。14日に予定されている1月の米消費者物価指数(CPI)や米小売売上高の発表、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の公表を控えて内容を見極めたいとの思惑から、全体的に動意薄の展開となりそうだ。

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ