FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円は108.70円付近 一部では米財政赤字に警戒も=NY為替チェック

配信日時
2018年2月13日(火)04:16:00
掲載日時
2018年2月13日(火)04:26:00

 NY時間の午後に入ってドル円は108.75円付近で推移している。序盤は軟調な展開も見られ108.45円水準まで値を落とす場面も見られたものの、サポートとなっている108.50円水準は維持している。米株式市場はきょうも買い戻しが続いており、ダウ平均の上げ幅は500ドルを超えている。米大手金融からは、これ以上きつい下げの可能性は小さいとの指摘も出ている。

 ドル円も株式にらみの展開の中、株反発の動きにショートカバーも見られてるようだ。しかし、上値追いの動きまでは見られおらず慎重だ。ドル自体が戻り売りに押されていることもあるが、反発しているとは言え、株式市場はなおボラティリティが高く不安定な値動きであることに違いはない。

 また、きょうはトランプ大統領の予算教書が伝わっているが、一部からは財政赤字拡大への懸念も出ているようだ。リセッションの前に財政がこれほど大規模な赤字の方向になるのは前例がないとの指摘も聞かれる。

 一方で財政赤字が膨らんでも景気拡大がそれを相殺するとの指摘も出ており、見方は様々といったところだ。しかし、米国債市場の動きを見た限りでは、さほど懸念はまだ高まってはいない模様。

 ドル円の目先の上値目標は10日線も控える109円台前半の水準だが、まずは108.50円水準を維持して連休明けの東京市場に繋げるが注目したい。

USD/JPY 108.73

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ