FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

CPI受けて急騰後、元の水準に=NY債券概況

配信日時
2018年1月13日(土)05:57:00
掲載日時
2018年1月13日(土)06:07:00

 12日のNY市場で長期債利回りは朝方に急騰を見せた。米消費者物価指数(CPI)の好結果が要因で、前日のPPIの弱めの結果を受けて、期待感がそれほどなかっただけに反応が大きくなった。CPIの好結果を受けて、FOMCでの利上げペースが年3回になるのではとの期待感が利回りを押し上げた。

 10年債利回りは2.54%台から2.5903%まで上昇。しかし、すぐに値を落とし、2.56%ばさみでもみ合ったあと、夕方にかけて2.54%台と、CPI前の水準に戻した。

 月曜日のNY市場休場を前に調整が入りやすい展開となっていた面も。

米国債利回り(NY時間15:56)
2年債   1.998(+0.019)
10年債  2.550(+0.013)
30年債  2.855(-0.013)
期待インフレ率  2.024(+0.007)
※期待インフレ率は10年債で算出

各国10年債
ドイツ  0.581(0.000)
英 国  1.339(+0.030)
カナダ  2.180(+0.013)
豪 州  2.753(+0.019)
日 本  0.078(+0.006)


minkabuPRESS編集部山岡和雅

過去記事カレンダー

2018年1月           
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ