FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米国株見通し[FISCO]

配信日時
2018年1月12日(金)20:08:28
掲載日時
2018年1月12日(金)20:18:28

S&P500先物 2775.25(+5.75) (20:00現在)ナスダック100先物 6736.75(+10.25) (20:00現在)20:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小じっかりに推移している。また、NYダウは100ドル高程度で推移。欧州市場は小幅ながら全般上昇して推移している。原油相場は小幅に下落して推移しており、この流れを受けて買い先行の展開が見込まれる。11日の米株式市場は、税制改革による企業業績への好影響が未だに十分株価に織り込まれていないとの見方から終日堅調推移となった。欧州ではドイツの政権発足に向けた連立協議が進展し暫定合意に至ったことが評価材料になりそうだ。中国では2017年の貿易総額は前年比11.4%増の4兆1045億ドル(約457兆円)となり、3年ぶりに前年水準を上回っていることなども手掛かり材料になろう。その他、本日はJPモルガンの決算が予定されている。翌週にはシティグループ、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマンサックス、モルガン・スタンレーが決算を発表する。米金融機関の決算が市場のセンチメントを一段と明るくさせてくる可能性も期待される。経済指標では、消費者物価コア指数(12月)、小売売上高(12月)が予定されている。小売売上高は前月を下回るとのコンセンサスだが、それでも予想を上回る結果となれば、支援材料になる。

<TM>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月           
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ