FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

18年も株高期待で「くりっく株365」の取引数量は右肩上がりか[FISCO]

配信日時
2018年1月5日(金)09:30:00
掲載日時
2018年1月5日(金)09:40:00

東京金融取引所(金融取)が手掛ける取引所為替証拠金取引「くりっく365」では、12月の取引数量は前月比10.6%減の206万9608枚。1日の平均取引数量も9万8554枚と前月比で減少した一方、月末時点の証拠金預託額は4516億円と前月比で11億円増加した。取引通貨量では、米ドル、南アフリカランド、トルコリラの順となっている。なお、10月30日にスタートしたメキシコペソ・円の取引数量は8万5419枚で、全体のシェアは4.1%となった。一方、取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」では、12月の取引数量は前月比52.4%減の50万7929枚。1日の平均取引数量も2万4495枚と前月比では大幅に減少したほか、月末時点の証拠金預託額は572億円と前月比で28億円減少している。同時に発表された2017年年間取引数量では「くりっく365」は前年比33.5%減少したが、「くりっく株365」は32.6%増加した。為替市場は、方向感に欠け動意薄となった一方、株式市場は日経平均がバブル崩壊後の戻り高値を更新するなど上昇が際立つ展開となった。2017年は、為替と株式の構図が年間取引数量の変化としてきれいに表れた。また、ビットコインなど仮想通貨の存在も大きかったと推測される。4月に改正資金決済法が施行され、個人投資家の資金が流入したことなどからビットコイン投資が活発化。膠着感が強まった為替市場とは間逆の高いボラティリティに投資家の関心が集中したもよう。2018年も高いボラティリティが期待できる仮想通貨市場への関心は高まりそうだ。ただ、日経平均が96年高値を上回っているほか、欧米株式指数が史上最高値を更新していることなどを考慮すると「くりっく株365」の取引数量は17年を上回る可能性もあろう。(写真提供:東京金融取引所)

<MT>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月           
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ