FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

議事録を受けドル買いの反応 ドル円は112.50円台を試す動き=NY為替チェック

配信日時
2018年1月4日(木)04:25:00
掲載日時
2018年1月4日(木)04:35:00

 日本時間の4時に公表になったFOMC議事録を受け、為替市場はドル買いの反応を見せている。ドル円は112.30円近辺から112.60円近辺まで上昇しており、序盤に上値を拒んだ112.50円水準突破を再び試す展開となっている。

 議事録では「多くはインフレは緩やかに2%に向かうと予想。
イールドカーブのフラット化は異例ではないと意見で一致。労働市場のひっ迫がインフレを押し上げる」などと低インフレは特殊要因とのこれまでのFRBの見解を踏襲する内容となっている。

 米国債利回りも上昇して反応しており、改めて利上げを意識した動きになっているのかもしれない。

 ただ、概ねこれまでと変化はないものと思われ、このままドル買いが続くかは未知数。

FOMC議事録
・大半が緩やかな利上げ継続を支持。
・多くはインフレは緩やかに2%に向かうと予想。
・イールドカーブのフラット化は異例ではないと意見で一致。
・労働市場のひっ迫がインフレを押し上げる。
・減税は支出を拡大させる。
・減税で投資がわずかに拡大と予想。
・数人は低いインフレを懸念。

USD/JPY 112.58 EUR/USD 1.2011

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月        
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ