FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米CPIとFOMC受けドル売り強まる ドル円は一時112.50円付近=NY為替前半

配信日時
2017年12月14日(木)05:30:00
掲載日時
2017年12月14日(木)05:40:00

 NY時間の終盤になって為替市場はドル売りが強まっている。ドル円は一時112.50円付近まで下げ幅を拡大した。朝方発表の米消費者物価指数(CPI)と、午後のFOMCがドル売りを再開させている。CPIのコア指数は前年比で1.7%と前回から鈍化し、予想(1.8%)も下回った。インフレがまだ、FRBの目標に向かっていない状況が示された格好となっている。

 一方FOMCは、政策金利は大方の予想通りに0.25%の利上げを実施してきたものの、それ自体は既に織り込みで反応はない。注目はFOMCメンバーの金利見通しだったが、こちらは9月時点と変わらずの年3回であった。一方、成長見通しは大幅に上方修正しており、2018年は2.5%成長と9月時点の2.1%から上方修正している。ただ、インフレには慎重さも見られ、来年の見通しは9月時点から変化してない。コアPCEは1.9%を見込んでいる。

 全体的にはほぼ想定どおりではあったとは思われるが、改めてインフレに対する慎重な見方に市場はドル売りの反応を見せているようだ。

 きょうは米税制改革法案で上下両院共和党が暫定合意したと伝わった。所得税の最高税率が37%、法人税率は21%とする方向で、遺産税については完全廃止せず、住宅ローン控除の借入上限については75万ドルと上下両院の折中案が示されている。トランプ大統領はこれについて歓迎の意向を示しており、数日中の実現を望むとしている。クリスマス前までには大統領の机の上にサインのための法案が置かれそうな情勢。

 ドル円は米CPI発表後に売りが強まり112円台に下落。FOMC後の終盤には下げの勢いを強め、112.50円付近まで下げ幅を拡大。目先の下値サポートは21日線が112.35円付近に来ている。

 ユーロドルは買い戻しが強まっている。前半は依然として上値が重く、年末に向けて今年積み上げたロングポジションの整理がまだ続いいる様子もうかがわせていた。しかし、FOMCの結果を受けて買い戻しが強まり、1.1825ドル付近まで一時上昇している。ユーロ円はドル円とユーロドルには挟まれ、133円ちょうど付近での売買交錯に終始。

 ポンドドルも買戻しが膨らみ1.34ドル台を回復。なお、英議会はEU離脱の最終合意に議会採決を義務づける修正案を可決した。ただ、ポンドはやや下落する場面こそ見られたものの、FOMC後の動きにかき消されている。ポンド円はドル円とポンドドルには挟まれ、151円ちょうど付近で売買交錯。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月           
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ