FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

7日の香港市場概況:ハンセン0.3%高と3日ぶり反発、ITハイテク関連に買い[FISCO]

配信日時
2017年12月7日(木)18:02:18
掲載日時
2017年12月7日(木)18:12:18

7日の香港市場は全体として底堅く推移した。本土企業株で構成されるH株指数が前日比11.85ポイント(0.11%)安の11150.73ポイントと小幅ながら3日続落したものの、主要51銘柄で構成されるハンセン指数は78.39ポイント(0.28%)高の28303.19ポイントと3日ぶりに反発している。売買代金は1209億7500万香港ドルに縮小している(6日は1626億5500万香港ドル)。ITハイテク関連株の上昇で投資家心理がやや上向く。昨夜の米株市場でハイテク株比率の大きいナスダック指数が4日ぶりに反発するなか、連動性の高い香港上場の関連銘柄が物色された。ハンセン指数が6日に今年最大の下落率を記録するなか、自律反発狙いの買いもみられる。もっとも、上げ幅は限定的。本土株安を嫌気し、指数は上げ幅を徐々に縮小した(H株はマイナス)。ハンセン指数の構成銘柄では、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が3.3%高、小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が3.0%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が2.5%高と上げが目立った。マカオ・カジノ株や本土系金融株などもしっかり。一方、中国自動車セクターはさえない。東風汽車集団(489/HK)が4.4%安、吉利汽車HD(175/HK)が2.6%安、長城汽車(2333/HK)が1.8%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.3%安で引けた。中国不動産セクターも総じて値を下げている。本土市場は4日続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.67%安の3272.05ポイントで取引を終えた。金融株が下げを主導。資源・素材株、海運・空運株、自動車株、インフラ関連株、消費関連株なども売られた。【亜州IR】

<CS>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp