FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

東京株式(大引け)=27円高、押し目買い意欲旺盛で売り一巡後プラス圏に返す

配信日時
2017年11月24日(金)15:55:00
掲載日時
2017年11月24日(金)16:05:00

東京株式(大引け)=27円高、押し目買い意欲旺盛で売り一巡後プラス圏に返す

初出2017年11月24日15時51分
 24日の東京株式市場は朝方安く始まったものの、その後は下げ渋り、後場に入ると押し目買いが優勢となり日経平均はプラス圏に切り返した。

 大引けの日経平均株価は前日比27円70銭安の2万2550円85銭と3日続伸。東証1部の売買高概算は13億2964万株、売買代金概算は2兆3996億2000万円。値上がり銘柄数は1157、対して値下がり銘柄数は781、変わらずは100銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場が感謝祭の祝日で休場だったことで手掛かり材料に事欠くなか、為替が円高方向に振れたことが主力株中心に逆風となり、日経平均は130円以上安く始まった。しかし、下値では押し目買いが厚く、後場に入ると日銀のETF買いの思惑もあって、好業績銘柄などに物色の矛先が向かいプラス圏に浮上。午後には日銀の次期総裁人事について、安倍首相の意向を反映して金融緩和に前向きな人選で勧められているとの思惑が浮上して全体相場を支えた。週末要因も絡んで全体売買代金は今一つ盛り上がりを欠いたものの、個別株の物色ニーズは旺盛で、特に小型株が買いを集めた。上昇と下落銘柄の数も朝方は値下がりが多かったが、後場に入ると値上がりの数が一気に増えて逆転、結局1100を超える銘柄が高く引けた。

 個別では任天堂が断トツの売買代金をこなし1600円高と気を吐いた。ソフトバンクグループが堅調、スタートトゥデイが大幅高。東京エレクトロン、キーエンスも買われた。シー・ヴイ・エス・ベイエリア、ニッカトーも値幅制限いっぱいに買われた。イートアンド、ヤーマンが急上昇、カーリットホールディングス、ヘリオス テクノ ホールディングなども値を飛ばした。

 半面、トヨタ自動車が軟調、SUMCOも売りに押された。三菱マテリアルが急落、ダイフクも値を下げた。TDK、ディー・エヌ・エーが利益確定売りに安く、コマツも下落した。インフォマート、KLabが売られ、ワコム、タカラトミーも下値を探った。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月   
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ