FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今日の為替市場ポイント:日米休場で主要通貨の為替取引は動意薄[FISCO]

配信日時
2017年11月23日(木)08:42:55
掲載日時
2017年11月23日(木)08:52:55

22日のドル・円相場は、東京市場では112円50銭から111円99銭まで下落。欧米市場では112円18銭まで戻した後に111円14銭まで反落し、111円22銭で取引を終えた。本日23日のドル・円は、主に111円台前半で推移か。米金利見通しの不透明感は払拭されていないが、日米の金融市場は祝日のため休場となることから、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。22日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録(議事要旨)によると、近い将来の利上げは適切であるとの判断が示されたが、多くの参加者は低インフレについて「一過性の要因だけではなく、より持続性のある状況の影響を反映している可能性がある」との見方を示していたことが判明した。インフレ見通しについては、一部メンバーの強気な意見(労働市場の引き締まりが続く中でインフレリスクが高まる可能性がある)が紹介されているものの、今後の金融政策の道筋についてメンバー間で見解の相違があることが認められた。なお、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は21日、ニューヨーク大学で開かれたイベントで、「早急過ぎる緩和策の解除はインフレ率を目標未満にとどめるリスクがあるが、緩和解除のペースが遅過ぎることにもリスクがある」と指摘した。市場関係者の大半は12月の追加利上げを確信しているが、一部の市場関係者は「2018年以降の金利見通しについては予断を許さない状況が続くことになる」と警戒している。

<MK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp