FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ギリアドが続落 C型肝炎やHIV薬の売上減少が指摘される=米国株個別

配信日時
2017年11月15日(水)04:34:00
掲載日時
2017年11月15日(水)04:44:00

 ギリアド・サイエンシズが続落。アナリストが投資判断を「買い」から「中立」に引き下げている。C型肝炎やHIV薬の売上減少への懸念や、キメラ抗原受容体T細胞(CARーT)の研究開発費用の増加で2018年の営業利益が圧迫されると指摘している。

 C型肝炎やHIV薬は同社の売上げの約68%を占めるが、HIV薬の停滞期とともに、C型肝炎の売上げも予想以上に急速に減速する可能性も指摘した。CARーTはしばらく利益を生まないことが予想される。

(NY時間14:33)
ギリアド・サイエンシズ 70.58(-2.27 -3.12%)
 
minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp