FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

今週の【マザーズ市場】11月6日~10日『日経平均の上げ一服に伴い中小型株への押し目買いや材料株物色が活発に』[FISCO]

配信日時
2017年11月12日(日)15:07:00
掲載日時
2017年11月12日(日)15:17:00

【続落、押し目買いの動き乏しく】6日(月)■概況■1119.13、-12.876日(月)のマザーズ市場は、前週末の流れを引き継いで利益確定売りが優勢となった。日経平均は比較的底堅さを見せたが、マザーズでは全般に押し目買いの動きは限定的だった。ただ、バイオ株の一角に物色が向かい、値を飛ばした。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で711.84億円。騰落数は、値上がり72銘柄、値下がり166銘柄、変わらず7銘柄となった。◆注目銘柄◆マザーズ売買代金トップのSOSEIやPKSHA、串カツ田中、DMP、MS−Japanなどが下落。UNITEDは出資先であるメルカリの上場延期が濃厚になったとの報道を受けてストップ安水準まで売られた。また、タイセイやシルバーライフも10%超の下落となった。一方、ロコンド、GNI、ミクシィ、MSコンサル、PSSなどが上昇。UMNは4日連続でストップ高となった。引き続き塩野義との資本業務提携が材料視されている。また、バイオ株ではリボミックもストップ高水準まで買われた。--------------------------------------【3日ぶり反発、好地合いが追い風】7日(火)■概況■1126.75、+7.627日(火)のマザーズ市場は、日経平均が大幅高となりバブル崩壊後の高値を更新するなか、相場全体の好地合いを追い風に買い優勢の展開となった。主力株に押し目買いが入ったほか、好決算銘柄に物色が向かい大きく値を飛ばした。なお、マザーズ指数は3日ぶり反発、売買代金は概算で691.43億円。騰落数は、値上がり104銘柄、値下がり124銘柄、変わらず17銘柄となった。◆注目銘柄◆PKSHA、MSコンサル、GNI、ミクシィ、ロコンドなどが上昇。UMNは5日連続でストップ高。上期が黒字転換となったAMIや、今期に利益水準の急回復を見込むメドピアもストップ高まで買われた。また、上期が大幅な経常増益となったシグマクシスのほか、地盤ネットHDやアドベンチャーも10%超の大幅高となった。一方、売買代金トップのUNITEDは5%超安。前日に続き出資先メルカリの上場延期観測報道が嫌気されたようだ。串カツ田中、サンバイオ、チェンジなどは小安い。また、前日ストップ高を付けたリボミックが本日は急反落し、マザーズ下落率トップとなった。--------------------------------------【続伸、直近IPO銘柄のSKIYAKIが大幅高に】8日(水)■概況■1129.95、+3.208日(水)のマザーズ市場は、朝方から前日終値水準でのもみ合いが続いたが、引けにかけて上昇する展開となった。日経平均などの主力処が、引けにかけて下げ幅を縮小するなかで、出遅れた個人主体の資金がマザーズ銘柄にも流れる格好となった。好業績銘柄や直近IPO銘柄へと物色が入った。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で777.92億円。騰落数は、値上がり126銘柄、値下がり113銘柄、変わらず6銘柄となった。◆注目銘柄◆ミクシィ、PKSHA、SKIYAKI、チェンジが上昇。一方で、UMN、ユナイテッド、SOSEI、GNIは下落。値上り率上位には、日本郵政キャピタル及びいちごとの業務提携を発表したフィルカンパニーや決算が好感されているJESHDのほか、メドピアなどが並んだ。値下がり率上位では、テックポイント、テラプローブ、フリ-クアウトHDが大幅に下落した。--------------------------------------【続伸、決算を受けミクシィが急伸】9日(木)■概況■1132.71、+2.769日(木)のマザーズ市場は、日経平均が朝方に1992年1月以来の23000円台を回復するなか、マザーズ指数も上げ幅を広げる動きをみせた。しかし、後場に主力大型株へショートカバーが入り、マイナスに転じるに連れ、マザース指数も前日終値を割り込んだ。しかし、好業績銘柄への押し目買い意欲は根強く、引けにかけて上昇相場に出遅れたリテールフローの資金がマザーズ銘柄に流入する格好となった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1079.54億円。騰落数は、値上がり67銘柄、値下がり173銘柄、変わらず5銘柄となった。◆注目銘柄◆決算を受けて一気に7月以来の水準を回復したミクシィのほか、JESHDやそーせいが上昇。一方で、MSコンサルや串カツ田中、UMNは下落した。値上り率上位には、前日に引き続き急伸したフィルカンパニーや通期見通しの上方修正があったエナリスのほか、株式分割の実施を発表したジェイリースなどが並んだ。値下がり率上位では、テックポイント、イノベーション、SKIYAKIが大幅に下落した。--------------------------------------【4日続伸、SOSEIが指数けん引】10日(金)■概況■1143.67、+10.9610日(金)のマザーズ市場は、朝方は日経平均が大幅続落スタートとなったことに連れて利益確定売りが先行した。ただ、マザーズ時価総額上位のSOSEIが急伸して指数を押し上げたほか、日経平均の上げ一服に伴い中小型株への押し目買いや材料株物色が活発となった。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1016.73億円。騰落数は、値上がり151銘柄、値下がり89銘柄、変わらず5銘柄となった。◆注目銘柄◆SOSEIやソレイジア、グレイス、GNI、串カツ田中などが上昇。SOSEIは決算とともに、国内におけるレビー小体型認知症治療薬のライセンス取得を発表している。また、フィルカンパニーが連日のストップ高となり、GTSやDMPもストップ高水準で本日の取引を終えた。第4四半期が営業黒字に転じたとみられているクラウドWは一時ストップ高を付けた。一方、ミクシィが小安く、エナリス、UMN、MSコンサル、APLIXなどが軟調。また、テモナは今期の増益率鈍化見通しがマイナス視され、マザーズ下落率トップとなった。マザーズ売買代金トップのPKSHAは決算を受けて買いが先行したが、その後失速し終値では変わらずだった。--------------------------------------

<DM>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp