FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】株式市場などの週末調整を警戒、ドル円は113円台維持するか

配信日時
2017年11月10日(金)15:45:00
掲載日時
2017年11月10日(金)15:55:00

【これからの見通し】株式市場などの週末調整を警戒、ドル円は113円台維持するか

 昨日は、世界的に株式市場が軟調に推移した。米ダウ平均は101ドル安で引けていた。週末を控えて、きょうも調整の動きが続くことが警戒されそうだ。ただ、前日は日経平均の下落に敏感に反応したドル円相場も、きょうの下げには反応が少ない。113円台前半での揉み合いから半ばへとやや下げ渋っている。クロス円も同様の値動き。しかし、今週のレンジ観からみると引き続き円高水準での取引となっており、ドル円、クロス円ともに上値は重い。週末に向けてドル円が113円台を維持できるのかが注目される。

 このあとのロンドン市場では一連の英経済指標が発表される。鉱工業生産(9月)、製造業生産高(9月)、商品貿易収支(9月)など。生産関連指標はいずれも前回からやや伸びが鈍化する予想となっている。ポンドにとっては、きょうも英国とEUとの離脱交渉が行われる。英政権で閣僚辞任が相次ぐ中で、英国にとっては明るいニュースは少ないが、仮に交渉に新展開がみられるようだと、ややサプライズ的な買いの反応もありそうだ。ただ、EU側は英国に2-3週間以内に支払額の提示を要求しており、譲歩の姿勢はみられない。

 米国はベテランズデー(退役軍人の日)の振り替え休日だが、株式や商品市場はオープン。ただ、ドル相場にとっては債券市場の休場で手掛かり難に。指標発表は、ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(11月)が発表される程度。昨日は、米上院で共和党の税制改革法案では法人税減税の19年への先送りが公表されており、株式市場は軟調に推移していた。米国関連でもあまり明るい話題はなさそうだ。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp