FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

株安と円高が進行、カタルーニャやNZなど政治リスクが表面化=ロンドン為替概況

配信日時
2017年10月19日(木)20:22:00
掲載日時
2017年10月19日(木)20:32:00

株安と円高が進行、カタルーニャやNZなど政治リスクが表面化=ロンドン為替概況

 19日のロンドン市場は、株安とともに円高が進行した。ロンドン早朝にはニュージーランドの政権交代が発表されNZドルが急落した。これまで10年近く政権を担当していた国民党が連立成立に失敗し、カギをにぎるNZファースト党が労働党、緑の党と連立政権を樹立することを発表した。NZドルはロンドン中盤にかけても圧力が継続、NZドル円は79円ちょうど水準と東京午前からは1円50銭超の大幅安となっている。NZドル/ドルも0.71台割れから0.70台前半へと下落。

 欧州ではカタルーニャ問題に焦点が当てられている。この日はカタルーニャ州の独立宣言の有無の期限だったが、同州首相は明確な宣言を先延ばしとしたことで、スペイン中央政府は自治権停止措置の開始を宣言した。欧州株の下落とともに円買い圧力が広がっている。

 ドル円はロンドン朝方に113.15レベルまで買われたが、その後は売り一色。欧州株安とともに米株先物が反落、米債利回り低下と円高とドル安両面の圧力を受けている。一時112.44レベルと112円台前半まで下押しされ、足元も上値が重い。

 ユーロ相場は振幅。序盤はカタルーニャ関連の報道で売りが先行。ユーロドルは1.18台割れから1.1768レベルまで、ユーロ円は133円台半ばから132.50割れ水準まで下落。しかし、対ポンドでの買いフローの継続もあってその後は下げ渋り、ユーロドルは1.1836レベルに高値を伸ばした。ユーロ円は133円ちょうど近辺までと、ロンドン序盤からの下落の半分程度を戻すに留まっている。

 ポンドは軟調。リスク回避的な動きに加えて、9月の英小売売上高の下振れが響いた。前月比-0.8%、前年比+1.2%といずれも事前予想を大きく下回った。ポンドドルは1.32台前半から1.3135レベルまで下落。ポンド円は149円台前半から147.92レベルまで急落した。その後は下げ一服も、1.31台後半や148円台前半など反発力は弱い。きょうあすと開催されるEU首脳会議ではEU離脱交渉の難航が懸念されている。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp