FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

先週の米CPIでドル円は一旦モメンタムを失ったか=NY為替チェック

配信日時
2017年10月16日(月)23:52:00
掲載日時
2017年10月17日(火)00:02:00

 一連の米経済指標を通過してドル円は111.75近辺で推移している。東京時間には日経平均の上昇が続いていることもあり、112円台を回復する場面も見られた。しかし、水準を維持できずに再び111円台に伸び悩む展開となっている。

 きょうは米国債利回りも上昇しており、朝方発表になったNY連銀景気指数も予想を大きく上回るなどポジティブな材料も見られているものの、反応は鈍い。本日の200日は111.80付近に来ているが、その付近での一進一退の展開といったところで、全般には様子見気分が強い。

 先週の米消費者物価指数(CPI)を受けて、これまで維持してきた112円の水準を割り込んでいる。景気の先行き期待は高いるものの、上値の重さにロング勢も一旦、モメンタムを失っているものと思われる。

 なお、スペイン政府がカタルーニャ自治州に独立に関する姿勢を明確にするよう求めていた件で、プッチデモン州首相は応答を拒否した。スペイン政府は憲法155条に則って自治停止を警告しており、スペインのサエンスデサンタマリア副首相は、19日の午前10時まで主張を取り下げる機会があると述べていた。

 このことによりユーロが上値の重い展開となっており、ユーロ円が下落していることもドル円を圧迫している模様。

 目先のドル円の下値サポートとしては、111.50と100日線が控ええる111円台前半の水準が意識される。

USD/JPY 111.73 EUR/JPY 131.81
GBP/JPY 148.35 AUD/JPY 87.84

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp