FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【FISCOソーシャルレポーター】個人ブロガー三竿郁夫氏:「EV時代の心臓部品 バッテリー」[FISCO]

配信日時
2017年10月15日(日)11:46:23
掲載日時
2017年10月15日(日)11:56:23

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人ブロガー三竿郁夫氏(ブログ 「IA工房」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。--------------------------------------------------------------------------------カリフォルニア州に端を発したZEV規制の流れが、世界各国でのEVへの加速を後押ししている。EVの心臓部品であるバッテリー関連の動向から目が離せない。世界の自動車の40%がEV、年間1億台時代になると、EVマーケットは4000万台、バッテリー産業の規模は2400億ドルとあるアナリストが分析している。鉛蓄電池、LiB(リチウムイオン電池)、ニッケル水素電池、FC(燃料電池)等々の技術動向、グルーバルな量産動向、価格動向が複雑に今後のEV市場に影響を与えるだろう。・トヨタ自HV向けのバッテリーは、パナソニックとの合弁会社プライムアースEVエナジーが主な供給元である。プライムアースEVエナジーは、宮城工場でHV用のニッケル水素バッテリーを拡大生産してきたが、需要が増えたLiBバッテリーの新工場を来年にも稼働する。・日産リーフのバッテリーは、NECとの合弁会社オートモーティブエナジーサプライが、供給元であるが、NECは、その株式を売却することを発表した。・三菱自、ホンダは、GSユアサとの合弁会社リチウムエナジージャパン・ブルーエナジーを設立している。・いすゞスイフトHVは、日立ビーイクルエナジーのLiBを搭載している。・EVバッテリー生産量 No.1中国のBYD(比亜迪汽車)は、ダイムラーとの連携を強化している。・車載用LiBのシェアは、BYD、パナソニック、LG、AESC、GSユアサ、日立ビーイクルエナジー等の間で熾烈な戦いとなっている。・BYDをはじめとして中国には140社のバッテリーメーカーがあると言われている。2015年、LiB生産シェアの1位は、日本から中国に移り、2020年にはそのシェアが70%になると言われている。・日立化成は、タイの自動車用鉛電池大手のタイ・ストレージバッテリー(TSB)を買収すると発表した。・PTT傘下企業、グローバルパワーシナジーGlobal Power Synergy(GPSC)社は、電気自動車向けバッテリーの生産を計画していくと発表した。EVで先行した日産リーフのバッテリー性能の劣化による中古車価格の下落が、市場に一石を投じている。電池寿命と安全性という大きな課題に足を救われないよう細心の注意を払う経営戦略が求められる。執筆者名:三竿郁夫 IA工房代表ブログ名: 「IA工房」

<MT>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp