FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

21000円回復でいったん達成感がコンセンサスか[FISCO]

配信日時
2017年10月13日(金)08:44:31
掲載日時
2017年10月13日(金)08:54:31

[本日の想定レンジ] 12日のNY市場は下落。高値警戒感から利益確定の動きが優勢だった。また、本格化する決算ののなか、JPモルガンは、増収増益でコンセンサスを上回ったが、買い一巡後は利食いに押されていた。ダウ平均は31.88ドル安の22841.01、ナスダックは12.04ポイント安の6591.51。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の20980円だった。 日経平均は1996年12月以来の21000円回復が意識される。足元8営業日続伸で過熱感意識されやすく、いったんは達成感にもつながりやすいところである。とはいえ、引き続き上昇する5日線に沿ったトレンドを継続させており、ボリンジャーバンドでは上昇する+1σと+2σとのレンジに沿ったトレンドを形成。バンドの切り上がりにより+2σは21196.26円まで切り上がってきており、買われ過ぎ感はまだでていない。 一方でMACDは280まで上昇してきており、5月のリバウンド局面でつけた273処を突破してきている。MACDでは過熱感を警戒しておきたいところではある。長期トレンドでは1997年以降の抵抗を突破してきており、21000円を突破してくるようだと、1996年6月の22660円辺りが意識されてくることになりそうだ。20900-21050円のレンジを想定。[予想レンジ]上限 21050円−下限 20900円

<TM>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp