FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

前場に注目すべき3つのポイント~1996年12月以来の21000円回復でいったん一服か[FISCO]

配信日時
2017年10月13日(金)08:35:58
掲載日時
2017年10月13日(金)08:45:58

3日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:1996年12月以来の21000円回復でいったん一服か■外資系証券の注文動向:差し引き600万株の買い越し■前場の注目材料:東レ、繊維品、エコマーク認定、植物由来原料使用、環境配慮材として訴求■1996年12月以来の21000円回復でいったん一服か13日の日本株市場は、利食いをこなしながらも引き続き堅調な相場展開が見込まれる。12日の米国市場は高値警戒感から利益確定の動きが優勢だった。また、本格化する決算のなか、JPモルガンは、増収増益でコンセンサスを上回ったが、買い一巡後は利食いに押されていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の20980円だった。日経平均は2012年12月の第2次安倍内閣発足後の最高値を明確に突破し、1996年12月以来の水準を回復している。衆院選では「最も可能性が高い結果」として、連立与党による議席過半数維持を市場が期待しているとみられるなか、各メディアの調査結果は「アベノミクス加速」への思惑から、先高期待が高まりやすい。一方、足元で8営業日続伸となり、節目の21000円を射程に入れるなか、過熱感やいったんは達成感も意識されやすいところであろう。円相場は1ドル112円20銭台とやや円高に振れて推移するなか、週末要因もあって利食いが優勢になりやすい面もありそうだ。そのため、1996年12月以来の21000円回復で、いったん落ち着きをみせよう。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテの増収増益決算が材料視されることになる。もっとも先高観は依然として強く、高値圏でのもち合いのなか、相対的に出遅れているセクターのほか、中小型株には水準訂正を意識した資金が向かうことになりそうだ。(株式部長・アナリスト 村瀬智一)■外資系証券の注文動向:差し引き600万株の買い越し朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り450万株、買い1050万株、差し引き600万株の買い越しとの観測。10月 5日(木): 60万株の買い越し10月 6日(金): 20万株の買い越し10月 10日(火): 110万株の売り越し10月 11日(水): 70万株の買い越し10月 12日(木): 310万株の売り越し■前場の注目材料・日経平均は1996年12月以来の高値水準(20954.72、+73.45)・シカゴ日経225先物(20980、+30)・マザーズ指数は上昇、(1105.59、+9.90)・NY金は上昇、(1296.5、+7.6)・JPモルガン、7-9月期は増益・衆院選情勢、自公優勢でアベノミクス加速期待・金融庁、フィンテック普及へ関連法を再編・東レ、繊維品、エコマーク認定、植物由来原料使用、環境配慮材として訴求・鹿島、BIMを強化、沖縄の3Dモデル専業買収・アサヒ、青島ビール株売却へ、欧州事業に注力・黒田日本銀行総裁「賃金の上昇が消費を支援する」「賃金、物価は徐々に上昇」「2%の物価目標達成は依然ほど遠い」「2%の物価目標早期達成のため、現行の金融緩和を維持へ」☆前場のイベントスケジュール<国内>・09:30  都市戦略シンポジウム<海外>・特になし

<HT>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp