FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ユーロは戻り売り続く ドラギ総裁は現在の最注目点は賃金と言及=NY為替チェック

配信日時
2017年10月13日(金)03:47:00
掲載日時
2017年10月13日(金)03:57:00

 ユーロは戻り売りの展開が続いており、ユーロドルは1.1840近辺、ユーロ円は132円台後半と本日安値圏で推移している。前日のFOMC議事録に1.18台後半まで上昇したが、ロンドン時間に入って戻り売りに押されている。1.1850水準を完全回復できれば、1.20を再び目指すとの声も聞かれていたが現状は、そのような雰囲気にはなっていないようだ。本日の21日線が1.1830近辺にきており、その水準での推移となっている。

 きょうはワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催され、各国の財務相や中銀総裁が集まっている中、ドラギECB総裁やプラートECB専務理事の発言が伝わっていた。

 特にユーロ相場の反応は見られていないが、ドラギ総裁は現在の最注目は賃金上昇だと述べていた。ユーロ圏のみならず各国で、景気回復にもかかわらず金融危機前のように、回復に伴った賃金上昇が見られておらず、その理由や対応に苦慮していると語っていた。

EUR/USD 1.1840 EUR/JPY 132.82 EUR/GBP 0.8918

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp